刻印について

anjiの作品には、刻印を施したものもあります。

現状使用している刻印は、自分の手で1から彫って制作している完全オリジナルです。

刻印を押す時には同じ方法、力加減でおこなうよう心がけていますが、革の部位やコンディションなどで色味の濃淡が変化します。
薄めに出る場合もあれば濃く出る場合もあります。
あまりにも色がつかない場合は廃棄せざるをえませんが、anjiでは、この濃淡も作品の個体における個性だと考えています。
淡い感じの刻印も趣があり個人的には好きです。

※2016.8現在、レーザーによる焼印も導入いたしました。